動物の権利のために肉を止めてみませんか。


by animalrights
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

殺処分ゼロの嘘

殺処分ゼロってみんな簡単に口にする

引き取り拒否ができるようになってしまった


多くの犬猫愛護家の人々や、
あまり問題をわかってない人たちが、

殺処分をやめれば問題は解決
みたいなことを言う。

引き取り拒否をする熊本県を褒め称えたり。

でも、ニュースゼロでやってたじゃん、

「つないでおけばいいから」

っていう恐ろしい発言を、熊本県の職員さんがしてた。


そう、つないでおけば、どんなにひどくたっていいらしいよ。

見えないところで餓死しようが、

見えるところで1mの鎖に繋がれていようが、

ケージの中ですごしていようが・・・


そもそも、犬猫愛護団体のシェルターが、ケージにずっと閉じ込めてたり
(散歩はそりゃ行くんだろうけど、そんなことではなく)
鎖につないでたり、

そんな惨状。

ウェルフェアとか、勉強しなよ。 って惨状だから、そりゃよくならないよね。


結局、引取拒否された動物は

捨てられるか

飼い殺しでそのままだれも知らない間に死ぬ。


不良飼い主は、そもそも適正がないから動物をちゃんと福祉的には飼育できない。一生。

ネグレクトとか、
毎日はエサをもらえないとか、
散歩行かないとか、
掃除しないとか、
病院なんてもちろん行かない、
殴られるとか
邪険にされるとか

知らないところで、ひっそり、苦しみ続けて、ひっそり死ぬ。


行政の処分施設が、安楽殺になっていないところはそりゃだめだけど

安楽殺も、アニマルウェルフェアなんだよ。



それをね~
残酷な生き方と死に方をさせる。
愛護って残酷。
[PR]
by animalrights | 2014-06-28 02:55 | ペット