動物の権利のために肉を止めてみませんか。


by animalrights
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2004年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

PURE cafe

表参道にある ピュアカフ。
AVEDAのビルに入っています。完全ベジ(なぜか物販にあるクッキーだけVEGANじゃない)で、なかなかおいしい。

トースト と ディップがおいしい。
ディップがなかなか結構味がちゃんと付いていて、薄味の多いベジタリアンレストランの中では優秀な方だと思う。
この前はアボガドのディップだったかな。
その前はお豆腐のディップ。
どちらもおいしいです。

でも穀物を使ったサラダは私は苦手。
見た目と味が一致しないのよ。
[PR]
by animalrights | 2004-12-16 21:52 | 菜食

みんな病気

週間文春に、「劇症肝炎だけじゃない 食用豚の70%が病気感染している」という記事を発見。

豚は生まれてから6ヶ月で殺される。
出荷時期には約90%の豚にE型肝炎の感染症が見つかったそう。

それもそのはず。あんな過密飼育じゃ・・・。

で、今回文春はこの豚肉の危機的状況の根本原因である「過密飼育」にちゃんと触れています。すばらしい!
4畳で12頭を飼育 しているそうです。

みんなそんな病気の動物の死体をがつがつ食べているんだから、その神経はぶっとい。
何も考えていない(考えることのできない)人は食べることができる。
[PR]
by animalrights | 2004-12-16 21:47 |

肉食うなよ!

http://www.goveg.com/feat/agriprocessors/

お肉を食べている人たちは、この映像を見る義務がある。(断言)

トレーサビリティーとかいってるけど、本当の現状は何一つ把握していないと思う。
どんな苦しみを負って生きているのか、全ての肯定において苦痛があって、殺されるときなんて何一つ福祉がないんだから。

肉食ってる人は同じ目にあうべきだ。と怒りが抑えられなくなるくらいこの映像に映し出された真実は強烈。
[PR]
by animalrights | 2004-12-11 02:28 | 肉食

ダイヤモンド拒否しよ

http://www.freerangegraphics.com/flash/fl_diamonds.html

ダイヤモンドにだまされるな!
面白いFLASH movieです。


女性なら一生のうちで何度か指輪もらうこともあると思うけど、ダイヤモンドは不当に値を吊り上げられてまるで価値があるみたいに思わせているだけみたい。
だから、おねだりするなら別の宝石を。
[PR]
by animalrights | 2004-12-03 00:50 | 番外編

食べない!

今とっても興味深い本を読んでいます。
「不食」山田鷹夫著です。
食べないで生きていけるってわけ。

いくつか実例が出てくるんだけど、結構真実味がある。

現代の日本(など)は、飽食の時代です。

先日私の尊敬する先生がお話してくださいました。
食べ物があふれていることは、時代の終わりの前兆。
人間は、吐いて捨てるほどの食べ物を与えられると、次に娯楽を求める。娯楽を与えられると、人間は考えることを止めてしまう。(日々の性欲や食欲や金欲は別)
ひとつの時代の終わりは、そこから始まるのです。

多分みんなこの今の(見せ掛けの)民主主義(資本主義)はいつまでも続くと思っていると思いますが、それは都合のいい思い込みで、今まさに終わりに向かっていっているのですね。

次はどんな時代だろう。
今はみんな「お金」「お金」の時代(新しいタイプの経営者といわれる某氏なども、結局なんら新しくもなく、たんなるお金儲け主義の人。ばかばかしい)。次は災害におびえる、全てが壊れていく時代だろうな。通信網など意味を成さなくなるかも。災害(人災)で全てが破壊されるだろうから、今環境問題が動向と口だけでいろいろさわいで、人事のように気にかけようとして、小さな自己満足にしがみついているけど、そんなもの全部、この大きな流れの中ではあまり意味が内容に思う。
(だって、日本は環境破壊を嘆きながら、着実に森林を破壊して新しい建造物や道路を作っているんだから。自然の一部である動物もばしばし殺すし。大きな自然保護団体は殺すことを奨励しているんだからたちが悪い。彼らは「自然保護」じゃなくって「人間保護団体」だと思う。)
ウイルスに人間がおかされる時代かも。

早く次の時代が来ることを願う。
[PR]
by animalrights | 2004-12-03 00:16 | 健康

動物のために。

私は健康のために肉を食べないんじゃない。
他者(苦しんでいる動物)のためという理由だけで、動物性食品を一切止めた。
まぁ、それでいろいろ菜食のレストランなどを探しているうちに、健康にいいことがわかったのでした。

死体を食べている皆さん(雑食の方)と同様に、菜食の人も栄養バランスは十分に気をつけなきゃならないと思う。
だけどその栄養バランスが、これまで義務教育の家庭科とか、調理師学校などで教える理論とまったく異なっていて、いろいろと目からうろこでした。

マクロビオティック(正食)は最近結構主流になってきていますが、結構役に立つ。
体が陰性に傾きがちな私は、とてもこころづよい教科書になっています。

でも陰性のほうが芸術家肌なんだって。陽性になると、芸術性がなくなるとか・・。
[PR]
by animalrights | 2004-12-02 23:54 | 菜食
私がもう聞き飽きた言い訳がいくつかあります。

1 感謝して食べればいい
2 植物はいいわけ?
3 でもおいしいし
4 人間は本来肉を食べるようにできている
5 個人の自由でしょ?

こんなもんかな。

1ははっきり言って一番聞きたくない。殺された動物が感謝されてうれしいかっての。食べ物に感謝するなんてのはごく当たり前のことであって、あの悲惨な工場畜産を正当化する理由にはまったく関係のない話。

2も、ちょっと冷静に考えてみたらどう?ってのね。動物の植物の大きな違い、動物は痛みを感じる神経を持ってる。
そして殺された時点から動物は「死体」にかわる。植物はその種や一本の枝から再生していく生あるものであり続けることができる。

3 これを言う人は時代の流れに取り込まれた意志の力を持たない人なので、私にはお手上げです。とても想像力のない人です。何を言っても心に響きません。何か心理学的に研究の対象に値すると思う。

4 本来日本人は植物を食べるようにできています。地域によっては動物をたべる人もいます。植物の育たない他と交流の少ない場所に住む国の人たち。でも、いずれにしても工場畜産が生み出す自然とかけ離れた状態で育てられた動物の死体を食べるべきではない。

5 違います。だったら人殺しも個人の自由かっての。人間は欲求ではなく道徳にそって生活すべきじゃ。
[PR]
by animalrights | 2004-12-01 00:25 | 肉食